2017-06-05

クライアントさまからのメール

クライアントさまから
メールをいただきました

ご紹介させていただきたいと思います

クライアントさまの守秘のため
文章の一部を変更しています

* * * * * * * *

「新しいレメディに変わって一週間です!

姉は癒しキャラに
妹は徐々に強いキャラになって来ました。

私は受け取ることが私にとっていかに難しい事なのか
と気付きはじめてます。

どこかで今日はとても不思議に思う日でした。

昨日に施術した人から
夜になってから痛みがひどくなった
とメールが届き、
今日の朝から連絡を取り
とてもショゲていたのです。

朝から施術が入っていて
いつもよりレメディーを回数多くとっていたのです。

最後の人になって突然 
施術の仕方はこれで良いのだ
と気がつきました。

今までいつも迷いながらしていたのです。

とても落ち込みましたが
とてもありがたい一日でした(^^)」

* * * * * * *

お姉さんと 妹さんは それぞれ 

気の 強い お姉さんに

気の 弱い 妹さん

だったそうです

口では クライアントさまに
レメディって 真逆のものを もっておられることを
教えてくれるんですよ
例えば
ビーチは 批判的な人に飲んでもらいますが
実は とても心の広いひとなのですね
のようにお話させてもらってたのですが・・・

こうして書いていただいて
改めて
本当にそうなんだ~
って 教えていただきました

そして・・・
受け取る
ですよね

受け取ることが難しい場合
逆の発想を使うという手もあるんですよね

「受け取る なんて なんでもないこと」
「受け取ってもいいし 受け取れなくてもいい」

みたいに

また

受容性をテーマにして
レメディ&エッセンスを選ぶというのも・・・

ハートスピリットを作られたきっかけが
一人の一般男性が 
ハートをテーマにしたエッセンスをいっぱい入れて作ったことであったように

一箇所にフォーカスするのも ときにはいいかもしれません
フラワーエッセンスは バッチフラワーと違って
テーマを決めて使用されることが多いですよね

最後に

施術の仕方について書いていただいた言葉
とても 嬉しかったです

みんなが 幸せで ありますように

ありがとうございました

0 件のコメント: