2017-06-09

何かが起こったときは ~レメディを選ぶために必要なこと~

生きてると
いろんなことがありますね

楽しいことばかりじゃないし

でも
元気なら いいじゃないですか?

私の友人は今 病院で
毎日リハビリしています

でも
心の中は 
あきらめでいっぱいになってきています

今日は 私の誕生日で
いつもなら 一番に連絡をくれて
一緒にご飯に行くということを
もう 30年ちかくやってきました

でも
今年はそれが かないませんでした
であってはじめて 一緒に祝うことができませんでした

なんとか 助けられないかと
いつも考えています
奇跡が起こることを

あ でも 私は大丈夫です

愛が奇跡を起こしてくれる
それが どんな奇跡かは わかりませんが
受け入れるという 奇跡になるのかもしれませんし

さて 表題ですが

何かが起こると
人によって 反応はさまざまですね

その出来事によっても ちがうかもしれないですが
たいていは
一定のパターンを持っていると思われるんですね

ショックをうける
落ち込む
劣等感
自信をなくす
早くなんとかしたいとあせる
これからどうなるんだろうと恐れる
などなど・・・

大変なときに
申し訳ないとは思いますが 笑

こういったいろんな感情の
どれが 自分にあてはまるか
ぜひ 観察してみていただきたいのです
それが
ご自分の レメディ選びの指標となるので

決して 深く観察するのではなく
上がってきている感情にのみ
フォーカスしてみてください

もう こんな状況いや~
なのか(ビーチ)

パニックになっているのか(ロックローズ レスキュー)

ショックなのか(スターオブ・・・)

などなど・・・



レメディが手元になかったら
自分に必要と思うレメディの名前を
心の中で唱えてもいいですし
紙に書いて 持っていてもらってもかまいません

私は職場では 紙に書いてもつことができなかったので
ひたすら唱えていました

レメディは
状況や 症状を 緩和してくれることももちろんあるのですが
その状況や 症状を 緩和へとむけてくれる
必要な情報をもたらしてくれたり
気づきをもたらしてくれることがあります

必ずしも レメディやエッセンスそのものが 作用するのではなく
媒体となってくれることもあるということですね

どんな風になっていくかは
わかりません

その人によってちがうのか
そのお花によってちがうのか・・・

というわけで

何かあったら
上がってきた感情を
ぜひ 簡単でいいので メモしてみてください

のど元過ぎれば 忘れてしまうこともおおいので
何かあったときが チャンスなのです

大きな出来事ほど そこにある示唆は大きなものかもしれませんしね

なかなか そうは 思えないですけどね 笑

でも 大事なことは
自分を責めないこと 
褒めるほうこうへと 向けたらいいですが
それができないときは せめて 責めていたりする自分に 気づく
これだけでもいいかと思います

同じ思考のループにはまっている人は
ホワイトチェストナットもおすすめです

私も 今日ちょっと 自分を責めてるのに気づいたので
ストップしました

大事なことは
何があろうと 自分の味方であることなんじゃないかなー
って 思ってます

また
そうすることで
自分の価値も 尊厳も 取り戻せていくのではないかと・・・ 

まだまだ 道半ば

でも
遊びに満ちる で いきたいと思います

Happy birthday to me ~ ♪





0 件のコメント: