2018-05-20

セントーリーというレメディ

セントーリーの体験談が興味深かったのでリンクを貼らせてもらいますね

セントーリー体験談
https://ameblo.jp/fuwa-coco/entry-12270896978.html

私も今 セントーリーを飲んでいます

私の父は 小さいときから物凄く厳しくて  
中学生くらいまでは 
私が父の思う正しい道にあわないことをすると
たたかれたことも ありました

なので 
私は そんな父をとても恐れていました

テストの点数が悪いと
怒られるのが怖くて
長い間 かばんの中にテストを隠していたこともありました

また
高校生くらいまでは 私が何を言っても 
意見が通ることもなく
ただ 父に従うしかありませんでした

そんな父も もう10年以上前に他界し
私はやっと自由!
と思ってたら 
なぜか そうではなかったんです

何かをするたびに
自分を追い立てたり 束縛したりするものが
かならず つきまとってきたんです

これは一体何なんだろう?
とずっと思っていました

また
父がそうであったように 
権威への反発が強く
自分も その血を受け継いでると思ってたんですが
先日
また 同じようなことが起こったときに
よく自分を観察してみて気がついたのです
相手の問題と捉えているけど
怒ってるのは自分で
それも勝手に怒ってるだけじゃないかと

それは
権威への反発ではなく
父への反発だったのかもしれません

ただ。。。
父が他界したとき 遺影を見て
その表情の優しさに驚いたことを
今でも覚えています

母が あるとき こんなことを言っていたのです
「お父さんに 仏さんのお花を買ってきてと頼んだのに
Ericoの部屋に飾る花を買ってきた・・・」
と 笑

母が他界したときもそうでした
知らない面に いっぱい気づかされたのです

近くにいても 全然何も見えてなかったのかも・・・
と思ったものでした


父は 花をそだてるのがとても上手でした
何年も本を読んだりして勉強していたようですが
私が父の後をついで 何年もかけて 父の育てた花を再生しようとしましたが
どれも まったくうまくいきませんでした

亡くなって始めて
愛情深い人だったんだなあと
気がついたのでした

でも
私の中には
勝手な恐れが ずっと残っていました

支配される恐れ
自分の思うとおりにならないのではという恐れ
です

ノーといいたくても言えない
また
ノーと言っても 通らない

だから今回
セントーリーを選んでみました

セントーリー
これもまた
自分を大切にするレメディの1つなのかもしれないと思いました

自分が望まないことに
ノーということは
「自分を大切にする」
ということ

でも
最初は怖いですよね

だから
レメディつかってください

そして
何の問題もなく
ノーといえるまで
ぜひ続けてみてください

ノーということが
なんでもないことになったり

自分の言いたいことを
思うとおりに伝えられるようになれば

魂が喜びはじめます

そして
自身の価値に気付きはじめる

そうすると
自分の真の価値を見てくれる人が
周りに集まってくる

それって 素敵じゃないですか?


0 件のコメント: