2017-03-21

人やものへの執着を手放す 愛のレメディ

今日 ある方からいただいたメールの最後に
「またいつかはないんだなと思いました」
と書かれていました

昨日のスティーブのことがあったとき
まさに私も 同じことを思いました

今ここ を
瞬間瞬間 を
大切に生きる

できるなら
最大限の愛を
自分にそそぎながら・・・

愛といえば
本田晃一さんは 
お金も愛
と言われてます

バッチフラワーレメディには
愛のレメディといわれるものが
いくつかあります
そのうちの1つが
チコリーです

こちらもまた
無条件の愛のレメディ
と言われてます

チコリー 
ラテン名: Chicorium intybus
グループ: Twelve Healers
感情のグループ:人のことを気にかけすぎている
作成法:太陽法

バッチ博士の言葉:
他の人が何を必要としているのかを非常に気にかける人です。子供や身内、友人の世話をやき過ぎることがよくあり、いつも正すべきことを見つけようとします。自分が間違いだと思うことをしきりに指摘しては楽しんでいます。自分の気にかけている人たちが、傍にいてくれるのを強く望んでいます。

一般的には 
愛する人を何かでしばりつけてしまう
あるいは執着してしまうところから
そこを手放すことによって
真の愛で相手を見守れるようになる

そんな感じでしょうか

たとえば 嫉妬
深い あるいは 攻撃的な嫉妬ではなく
寂しさがベースになった嫉妬などの場合に

チコリーは
相手を自分に縛り付けておくと書きましたが
それは
病気という形であったり
かいがいしく世話を焼くとか
何らかの形での強制であったり
感情の大げさな表現であったり・・・
いろいろです

また 人だけでなく
物への強い執着がある場合にも 使えるそうです

先にも書きましたが
お金への執着がどうしても手放せない場合なんかにも
ぜひ 試してみてください
とても楽になると思います

チコリーの人は
自分の中に愛が足りてないと思っているのか
それを 他者で埋めようとします
だから どうしても その人をひきとめておく必要があるわけです

本当は
誰もが 内側に 大きな愛 を持っている

でも
いろんなことがあって
自分の内には愛がない・・・
と無意識のうちに思ってしまったのかもしれません

自己憐憫
利己主義
すべては 自分のためなのです

でも 本当は
そう
間逆なんですよね

その間逆の自分を思い出すためにも
チコリーを飲んでみてください

自分の内側は 愛で満たされてたんだ
って 気づかれると思います 笑


ちょっと戻ってお金ですが
お金への執着も
足りてない
と言う前提があるから
執着してしまう

十分にあると思えたら
執着することもないですよね

自分にはない
という前提
そういうものも
チコリーが 変えて行ってくれるかもしれません

また 必要があれば 一緒に
感謝の ウィロー を摂るのもいいかもしれません

実は昨日
ふと気がついたんです
食べても 食べても すぐに おなかがすぐにすいてる自分に
胃腸が不調なのに です
ま 不調だからともいえるんですけどね 笑

そこで レメディのことを考えるわけです 笑

私は 食べることで 何かを満たそうとしてるのかも?
って
でも おなかがすくということは
満たされてない 足りてないと思ってるのかも


で 帰ってから すぐにチコリーをレメディに追加しました

今日 食べ方が 変わりました
食べる量も変わりました

ある意味 体の本当の状態が ちょっとわかりました

おそるべし チコリーでした 笑

体を無視して
ひたすら ほうりこむ
から

何が足りてないとおもってるのか
にフォーカスして 選んだレメディ

当分 お世話になりたいと思います 笑

と同時に

前述のとおり
ハートにも来ていて
動かされています

とても 心地よいです 笑
チコリーさん
ありがとう








0 件のコメント: