2017-03-24

セッションをさせていただく理由

昨日書いたのですが
なぜか消えてしまったようですので
書き直しますね

以前にも書かせてもらったんですが・・・

私の友人は
何かあると

「今こんな状態やから
レメディ作ってくれるー?」

とか

「妹がストレスかかえて大変やし
レメディお願い~」

とか

メールに書いて 送ってきていました

で 
私はというと
そのたびに

わかった!

と レメディを数種類選び
トリートメントボトルを作って
渡していたのです

私は 当の本人の詳しい状態がまったくわからないので
友人のことばから予測して 
レメディを作っていたのです

でも・・・

あるとき
こんなことをしていても
もったいないだけ
と 気がついたんです

なぜなら

問題をかかえているご本人にお話を聞いたら
ぜんぜん違うレメディが必要だった

なんてことのほうが多い
と わかったからです

もちろん
体調のことなどで
急を要することもあるかと思います

病院へ行くまでの 短い時間でも
レメディが役に立つ事もあります
そんなときは
周囲の方のことばを参考に
レメディを選らばせてもらいます

または・・・

重要な場面であっても
当人が 現実と向き合えてないときは
本心がわからないので
周囲の方のことばを頼りにするしかない
ということもあります

でも

それ以外の場合は
やはり
セッションをお願いしています。

メールセッションなら
ほんの 数十分
対面セッションでも 1時間くらい

自分のために 時間を作ってもらいたいのです

昨日も
こどもさんを 心配なさってるお母様に無理をお願いして
ご本人と やりとりさせてもらいました

お母様の気持ちもとてもよくわかりましたし
そこであえて ご本人と話をしたいとお伝えするのも
悩みました

でも
今は お願いしてよかったと
心から思っています
許可をくださった お母様にも 本当に感謝しています

やっぱり 直接ご本人とお話しすると
選ぶレメディが
全然違ってくるんです

また それだけじゃなく
お話をきいているうちに
なにかが ひらめくこともあり
それもまた 重要なレメディやエッセンスへと
導いてくれるんですね

これこそが
天地の 導き 
というものなんでしょうか

だからこそ
できるかぎり
ご本人にセッションという形で 
受けていただきたいのです

それに・・・

セッションの時間は
その方のための時間

自分を見つめる時間でもあるんですね

それは
自分を大切にする
重要な時間でもあると
私は思うんです


写真は セッションをスタートしたときにお世話になった
梅田のアンティコカフェです

私の原点です

今もお世話になっております


0 件のコメント: