2017-03-06

OSHO 人は必要とされることが必要なのだ。

人は必要とされることが必要なのだ。
それは人間のもっとも根本的な必要のひとつだ。
他人に関心を持たれなければ、
人は死に始める。
自分が誰かに、
少なくとも誰かにとっては
大切なのだと感じるのでなければ、
全生命は無意味なものになる。

だからこそ、
愛は
存在する最大のセラピー(治療)なのだ。
世界がセラピーを必要としているのは、
世界が愛を見失っているからだ。
本当に愛に満ちている世界には、
どんなセラピーも必要ないだろう。
愛で充分だ、
充分以上だ。

抱き締めるということは
愛の、
温かさの、
心遣いの
身振りに過ぎない。
他人から流れて来る温かさの感じだけで、
あなたの中にある
たくさんの病を溶かす。
氷のような冷たいエゴを溶かす。
あなたを再び子供にする。

the wild gees and the water
osho


0 件のコメント: