2017-10-07

最低の自分を愛せるか・・

先日 本田晃一さんの
はしゃぎながら夢をかなえる世界一簡単な法
を読ませていただきました

ちょうど ひどい風邪をひいて
なかなか治らず
イライラしてたところに 届いたものでした

そのころ ふと
私 風邪引いて治らない自分を責めてる?
って気がついて・・・

自分がこんなにも大好きで 信頼しているバッチフラワーなのに
風邪ひとつ治せない
使いこなせない・・・

私は 自分と博士を責めました
(あー 博士ごめんなさい・・・ )

レメディの選び方も単純
って博士は言ったけど 
どのレメディを選んだらいいかももうわからない・・・状態でした

こんなので どうやって 
他の病気や感情を癒せるのか・・・
って

めちゃ 完璧主義者 笑

でも

本田さん(こーちゃん)の本を読んで
新しい気づきをもらいました

とくに

最低の自分にOKを出せるか

改めて これ本当に大切なことだな
と思いました

まあまあの自分にはOKなんて簡単に出せても
ちょっと何かあるとすぐ 自分はだめだと責める

ひどいよね・・・
申し訳ないことしたなー
って 思いました

そして・・・

弥勒菩薩のお話・・・
ああ 本当にそのとおり・・・

人には途方もない価値がある
生きてるだけで価値があるなんていいながら
何にもわかってなかったな
と思いました 笑

そして・・・

この本は ビジネス書かもしれないですが
仕事柄ふと
病気で苦しむ人にとっても
というより
そういう人こそ
この本で書かれてること
とくに
低い自分にOKを出すこと
はしゃいだ気持ちを もつこと
が ものすごく大事なんじゃないかと思ったんです

病気の人は もしかしたら 自分を責め続けてるかもしれないし
絶望のどんぞこにいるかもしれない

そんなときに 自分の心によりそうもう一人の自分がいたら
どんなに救いになるでしょう

アニータさんの本にもあったように
自分を愛することがすべてだとしたら
こーちゃんのいうように
自分をはげまし たたえ どんな状態であっても これ以上ないくらい大切にしてあげる
味方でいてあげる
そんな風にできれば
病気も変化していくかもしれません

なぜなら
病気のたいていの根源は
感情にあるからです
その一つが 自分責め 罪悪感です

魂の本質は 喜び 幸福感
まさに
はしゃいだじょうたい
ワクワクしている状態です
子供の魂のように・・・

だからこそ
いろんなことで苦しんでいる人のものに
この こーちゃんの本が届くといいな

心から思ったのでした

ハートを開き 笑いながら 愛に満ちて 生きていきたいです
私も

追伸
もう バッチフラワーなんてだめだ・・・
と思ったのに
奇跡のようなメッセージがやってきました
だから
私は
はしゃぎながら この バッチフラワーの世界を歩いて行きます

0 件のコメント: