2017-12-23

「ある」ことで報いがもたらされる

先日東京からの帰り
新幹線の中で バッチ博士の本を読んでいました

その中で
こんなことが書いたあったっけ?
とびっくりした箇所を
引用させてもらいます。

***

魂の成長を阻むのは、
成長したいという強い願いだ。

この王国では、
野心に燃えるのではなく、
ただ「ある―存在する」ことしかない。
「ある」ことで報いがもたらされる。

これは今世に限ったことではなく、
霊的な世界を探求する人にはもっと多くの生に言えることだ。

そこにはどんな欲
―立派になりたい、早く成長したい、完成の域に達したいという欲―
もあってはならない

そして、
どこで役目を果たしていようと、
より高きところに招かれるまで、
謙虚に喜んで待つことこそ願うべきだ。

「エドワード・バッチ 著作集」より

***

0 件のコメント: