2018-06-05

怒りの心理学


私はこう言う、



「なにごとも深刻に受け止めてはいけない……

自分自身ですら」と。



そうなれば、

あなたはいっさい怒りが起こらないのを

目にするだろう。



怒りは起こりえない。



そして



怒りは確かに

あなたのスピリチュアルなエネルギーの

大きな漏れのひとつだ。



もしあなたが

自分の欲望を

遊び心で受け止めて、

しかも

成功しようと

失敗しようと

同じままでいられるなら。



自分自身のことを

気楽に考えるようにしなさい……



なにひとつ特別なものではない。

必ず勝たなければならないことはないし、

あらゆる状況で

つねに成功しなければならないこともない。

この世界は広大で、

私たちはちっぽけな人間だ。



いったんこれが

あなたの存在のなかに落ち着いたら、

あらゆることが受け容れられるようになる。

怒りが消えて、

その消滅があなたに新たな驚きをもたらす。

というのも、

怒りが消えるとき、

それはとてつもない

慈しみ、愛、友情のエネルギーを

後に残すからだ。



OSHO



全文はこちらからどうぞ

http://www.osho.com/ja/emotional-ecology/%E6%80%92%E3%82%8A%E3%81%AE%E5%BF%83%E7%90%86%E5%AD%A6



怒り

バッチフラワー

「ホリー」

競争から脱却し 愛のエネルギーへ

0 件のコメント: